SHINOGI

しのぎシリーズは、ロクロを挽いた時に出る削り粉を集め再生して作っています。削り粉を水で戻し、程よく乾燥させて練り直します。天日で乾燥させますが、その間に砂や埃が混ざり、そういった不純物が黒い点として器に現れ、大きく出るときもポツポツ小さく出るときもあります。新しい土を使えば解消されますが、自然の成り行きに任せるよう敢えて何もせずそのままにしています。自然な事を自然なままに、ちょっと陶芸家っぽいコンセプトの作品です。
柞灰釉でうっすら青みがある艶やかな白磁と、青磁釉薬を使った青磁の2種類があります。どちらも淵サビを施し、全体を引き締めつつもどこか素朴な雰囲気をもたせました。

_MG_5018.jpg
shinogi_角M4set_料12_正.jpg
shinogi_八角S4set_料1_正.jpg
_MG_4965.jpg
_MG_4999.jpg
shinogi_角S4set_料3_正.jpg